ブラックジャックのルールや進め方

オンラインカジノのメインともいえるライブカジノの中でもブラックジャックは日本のプレイヤーに最も人気のあるカジノゲームと言えます。

一度はブラックジャックをプレイしたことがあるという人もいるでしょうし、オンラインカジノでも週末ともなれば満室のテーブルも少なくありません。

知名度と人気共に日本で非常に高いブラックジャックのルールや進め方について紹介していきます。

ブラックジャックの特徴

ブラックジャックは日本はもとより世界中で大人気のカジノゲームです。

特にカジノ場がない日本で高い人気を誇っているカジノゲームでもあり、ゲームセンターのメダルコーナーや友達同士のカードゲームで遊んだこともあるという人もいるでしょう。

ブラックジャックは『ブラックジャックを極めることが出来れば全てのカジノで勝ち易くなる』と言われているほど、高い戦略性が求められます。

ブラックジャックのルール

ブラックジャックの基本的なルールとして「21を超えないようにしてカードの合計値を21に近づける」というゲームです。

「21」を超えないようにさえすれば、いくらでもカードを引くことが出来、カードの合計値が「21」を超えた時点でプレイヤーの負けとなります。

また、ディーラーもカードの合計値が「17」未満の場合はカードを引かなければならないというルールがあります。

ゲームが始まればディーラーとの勝負が始まります。

カードの出現パターンやカードの枚数などから残っている数字を予想したりなど、とても魅力のあるゲーム性を備えているゲームでもあります。

ブラックジャックの用語

ブラックジャックの用語はプレイをしていくうえで必要なものもありますので覚えておきましょう。

 

・BET(ベット)
チップを賭ける。

 

・HIT(ヒット)
もう1枚カードを引く。「21」を超えるまでなら何枚でも引くことが可能。

 

・STAND(スタンド)
カードを引かずに今現在の合計値で勝負をする。

 

・SPRIT(スプリット)
同じ数字のカードが2枚配られた際に出来るもので、配られた2枚のカードを独立した1つの手としてそれぞれ賭けることがができる。これを行うには最初に賭けた金額と同額を追加する必要がある。例えば「8」と「8」の同じカードが配られたときなどにスピリッツをするかどうか選択できる。選択せずにそのまま勝負を行うことも可能。

 

・DOUBLE DOWN(ダブルダウン)
次に引くカードで勝ちを確信したときに元々の掛け金を倍にしてカードを引くことが出来る。ただし追加できるカードは1枚のみ。

 

・BUST(バースト、バスト)
数字の「21」を超えたことを表す。

 

・INSURANCE(インシュランス)
ディーラーの表向きのカードが『A』の場合、【A+10(または絵札)】などのブラックジャックになる確率が高いです。そのため、インシュランスはベット金額の半額を追加でベットし、ディーラーが予想通りブラックジャックだった場合、ベットした額の2倍の配当が貰える。

 

・SURRENDER(サレンダー)
勝ち目がないと判断した場合の負けを宣言する。ベットの半分は没収されますが、残りの半分はプレイヤーへと戻る。

 

・BLACK JACK(ブラックジャック)
「A」+「10・J・Q・K」のいずれかのカードの組み合わせのことで、プレイヤーがブラックジャックの場合はベットが2.5倍になり、ディーラーがブラックジャックの場合は負けとなる。

ゲームの進め方

ブラックジャックのゲームの進め方としてまず最初にテーブルについてお金をベットをします。

ディーラーからプレイヤーへ最初に2枚カードが配られ、ディーラーは2枚のうち1枚のカードが表向きの状態になっています。

プレイヤーはディーラーの合計の数字を表向きの1枚から合計値を予想します。

例えば、表向きのカードが「A」の場合、ブラックジャックになる可能性が高いから「インシュランス」を選択したり、高い数字が出やすいと予想したりします。

ディーラーは「17」を超えるまでカードを引かなくてはいけないというルールのもとカードを引きます。

プレイヤー側はこれ以上カードを引かないとなったら勝負です。

どちらが「21」に近づけられるかを勝負し、勝てばお金が貰えて、負けた場合は賭けたお金は失われます。

まとめ

ブラックジャックは日本でも特に人気の高いカジノゲームです。

日本市場向けのオンラインカジノでも非常に人気が高くライブカジノでは熱い戦いが繰り広げられていて、複数のプレイヤーと同じテーブルで勝負を楽しむことも出来ます。

メダルゲームや友達などで勝負を楽しんでいたブラックジャックをリアルマネーで勝負をすることが出来るのは楽しくないわけがありませんよね。

また、100円から気軽にベット出来る部屋もあれば、一度に数十万単位でベットをすることが出来るハイローラープレイヤー向けの部屋も用意されていたりしますので、自分に合わせてプレイすることも出来ます。

オンラインカジノとリゾートカジノ場のどちらでもプレイしてほしいカジノゲームです。

おすすめの記事