カリビアンスタッドポーカーのルールや進め方

ポーカーは日本でも人気の高いカジノゲームですが、色々な種類が存在しています。

基本的に世界で最も有名なテキサスホールデムポーカーのルールさえ覚えておけば、あとは応用編になります。

テキサスホールデムポーカーについて知りたい方はこちら

 

また、カリビアンスタッドポーカーのほうがルールは簡単です。

そのため、テキサスホールデムポーカーのルールがちょっと難しいと思うのであれば最初にカリビアンスタッドポーカーから初めてみてもいいかもしれません。

ここではカリビアンスタッドポーカーのルールや進め方について説明します。

カリビアンスタッドポーカーの特徴

ポーカーと言えば基本的にプレイヤー同士の対戦をイメージするカジノゲームですが、カリビアンスタッドポーカーとは、プレイヤー(自分)とディーラー(親)との1対1の勝負となります。

また、最初に配られた5枚のみで戦い、チェンジはしません。ジョーカーを除く52枚で(Aが1番強く、2が1番弱い)です。

最初に配られたカードで手役(ハンド)が強い方が勝ちとなるカードゲームです。

チェンジをしないため、運での勝負が大きく左右されるゲームです。

テキサスホールデムポーカーの場合、4段階に分かれてゲームが進んでいきますが、カリビアンスタッドポーカーの場合、手札(ハンド)だけ覚えれば遊ぶことが出来ると言えます。

カリビアンスタッドポーカーのルール

カリビアンスタッドポーカーはテーブルにプレイヤーが何人いようとも、あくまでもディーラーとの1対1の勝負を行います。

カードの追加も交換も無く、最初に配られたままの状態で勝負するかどうかを判断するため、ブラフを使って相手を勝負から降ろすといった駆け引きをする必要がありません。

ポーカーの中でもシンプルなルールとゲームと言えるでしょう。さらに大きな特徴としてプログレッシブジャックポット(大当たりの賞金)が用意されているという点です。

ゲームを始める前に、一定額(カジノにより差があるが、大体$2程度)をプログレッシブジャックポットに賭ける事が出来、一定以上の役が出来た時に、勝ち負けに関係なく、賞金が支払われます。

 

獲得する条件は以下(配当はカジノにより違う)

  • ロイヤルストレートフラッシュ(ジャックポット全額)
  • ストレートフラッシュ(ジャックポットの10%)
  • フォー・オブ・ア・カインド($500)
    ※日本固有の略称はフォーカード
  • フルハウス($100)
  • フラッシュ($50)

 

基本的に役を揃えられるかどうかが前提のゲームですので、ディーラーが有利と言われています。

それにも関わらず、高い手札が出たにも関わらず、配当が2倍というのはやるせないですよね。

そのためのジャックポットが用意されているので、高い手札が出ることを期待して勝負をする人もいます。

また地域によっては「パシフィック」「バミューダ」「トロピカル」とも呼ばれたりしますが、どれも同じルールです。

カリビアンスタッドポーカーの場合、ノーペア(ハイカード)の場合でも「A」「K」があれば勝負でき、強いカードから順番に比較します。使うカードはジョーカーを除く52枚(Aが1番強く、2が1番弱い)。
※ただし、ディーラーには「A」と「K」が必ずあるので、これが持っていることが前提です。

カリビアンスタッドポーカーの役(ハンド)

カリビアンスタッドポーカーの手札の役について説明します。

手札の強さは下から順に紹介します。

【ハイカード】・・・ノーペアだった場合に、強いカードから順番に比較して、高い方が勝ち。「A」と「K」を保有していることが前提。

  • ディーラーの保有カードが「A」「K」「10」「3」「2」
  • プレイヤーの保有カードが「A」「K」「J」「7」「4」

の場合、プレイヤーの勝ちとなる

 

【ワンペア】・・・同じ数字のペアが1つ揃える。例:「6・6」

 

【ツーペア】・・・同じ数字のペアが2つある組み合わせを揃える。例:「5・5」と「7・7」

 

【スリーオブアカインド(日本ではスリーカード)】・・・3枚が同じ数字を揃える。例:「2・2・2」

 

【フルハウス】・・・同じ数字3枚とワンペアの組み合わせを揃える。例:「J・J・J」と「3・3」

 

【ストレート】・・・連続した5枚の数字を揃える。例:「3・4・5・6・7」

 

【フラッシュ】・・・数字の並びを気にせずに同じ柄のカードを5枚揃える。例:ダイヤの「1・2・6・9・Q」

 

【フォーオブアカインド(日本ではフォーカード)】・・・4枚が同じ数字を揃える。例:「4」を四つ揃える

 

【ストレートフラッシュ】・・・同じマークでなおかつ連続した数字の5枚カード。例:クローバーの「1・2・3・4・5」を揃える

 

【ロイヤルストレートフラッシュ】・・・同じマークの「A、K、Q、J、10」の揃った最強ハンド

 

手役(ハンド)を覚えることは最初大変かもしれませんが、手役を覚えておかないとプレイできませんのでぜひ、覚えておきましょう。

ゲームの進め方

カリビアンスタッドポーカーではまず最初に席に着いたら、アンティ(ANTE)と書かれたボックス(枠線)に、賭けたい額のチップを置きます。

テーブルによって賭けられるベット額は違います。

ベッド額を設定したら5枚ずつカードが伏せられた状態で配られ、ディーラーはカードが1枚オープンになった状態で配られます。

自分のカードを確認し、勝負する場合(コール)は、「ベット(BET)、またはレイズ(RAISE)」と書かれたボックスの上に、カードを伏せた状態で置き、その上にアンティに賭けた倍額のチップを置きます。

例:アンティに置いたチップが$1なら、$2を追加し、合計$3となる。

勝負をしようと思ったら、ディーラーのカードがオープンされ、勝敗決定へと移ります。

手札が何もない状態、あるいは勝てないと判断した場合、そのまま「フォールド」となりディーラーへカードが返却し、アンティに置かれているチップは没収です。

まとめ

カリビアンスタッドポーカーはプレイヤー同士が対戦するというゲームではなくディーラーとの1対1の勝負が特徴のポーカーゲームです。

また、カードのチェンジなどは行わず、配られたカードでのみ対戦します。

ジャックポット機能が付いているので、ジャックポット目当てにプレイする人も多いです。

基本的にカードの手役(ハンド)を覚えたらプレイすることが出来ますので最初の手役を覚えるのが大変かもしれませんが、覚えてぜひともプレイしてみましょう。

おすすめの記事