クラップスのルールや進め方

クラップス(CRAPS)とは、プレイヤー(参加者)がサイコロを2つ同時に振り出た目を当てるサイコロゲームです。

クラップスといえば、実はカジノで最も盛り上がるゲームの1つで、友人同士でカジノ場に行く人という人はみんなで遊びに来た時に盛り上がるゲームです。

ただ、あまり日本では見かけないカジノゲームであり、さらにレイアウトや賭け方の複雑さから敬遠されがちなゲームですね。

ただし、覚えてしまえばみんなで楽しめるカジノゲームであることは間違いないので是非とも覚えておきましょう。

クラップスのルールや進め方について説明していきます。

クラップスの特徴

参加者がサイコロを振れる所も、人気の理由で参加型の方が楽しいですよね。

プレイヤーがサイコロを振ることで生まれる一体感は他のゲームに無いものがあります。

プレイヤーは順番にサイコロを振りますので、サイコロの出目によってはみんなから称えられることもあれば、みんなからブーイングを受けることもあります。

運に左右されるものですので冗談でブーイングをして盛り上がるわけです。

クラップスはルーレットなどと比べてプレイヤー側が数学的に勝ちやすいように作られていると言われているのでプレイヤー側からしてみても遊ぶメリットが大きいですよね。

また、一度のゲームが交換で行うため長く遊ぶことが出来るので資金の余裕がない人も楽しめるのです。

出目を当てるゲームではありますが、意外と奥が深くてのめりこみやすいのも確かではあります。

クラップスのルール

クラップスのルールは最初に覚えなくてはいけないことが多少あるので覚えていきましょう。

まず最初にサイコロの振り方ですが、プロによっては自由にサイコロの出目を操作できてしまいます。

その不正がないように凸凹としてテーブルの壁に当てる必要があります。

 

 

オンラインカジノでクラップスをプレイする場合はランダムにボタンでサイコロを振るのでそこまで気にしなくてもいいですが、ランドカジノの場合は凹凸に当てないと無効になるので注意しましょう。

また、クラップスでは、全てのプレーヤーが交代でサイコロを投げます。 サイコロを振るプレイヤーを「シューター(shooter)」と呼びますが、投げる際は置かれているチップに当たらないように片手で行い、下手で投げるようにしてください。

クラップスはプレーヤー全員でカジノ側と対決する、という構図がこのゲームを盛り上げ、楽しいところでもあります。

基本ルールとしてクラップスは合計「7」が出るまで繰り返しサイコロが振られ、「7」が出たら勝敗が決まるというルールです。

合計の値で「7」が出たら1ゲーム(シリーズと呼ぶ)終了となります。

考え方としては自分が予想する数字が「7」よりも先に出れば勝ちで、先に「7」が出たら負けと、考えれば基本的にクラップスを理解したと言ってもいいかもしれません。

他にも賭け方は色々とあるのも特徴です。

ゲームの進め方

クラップスの基本的なテーブルのレイアウトになり、左右対称となっています。

 

 

レイアウトから見ても色々な賭け方が出来るのですが、まずは単純にゲームの流れから覚えていきましょう。

1投目をカムアウトロール(come out roll)と呼び、シューターは時計回りで順番に回っていきます。

基本の賭け方として「パスライン(PASS LINE)」がよく使われます!最初はこの賭け方さえ覚えておけばいいぐらいです。

クラップスでは勝利する条件を満たすこと(サイコロの合計が「7」「11」)をパスと呼び、パスラインとはシューターがパスするに賭けることを言います。

プレーヤー全員がベットを置いた後、いよいよシューターはカムアウトロールします。

パスラインに賭けた場合、第1投目のサイコロの出目の合計が「7」か「11」になればその場で勝利が確定し、ベット額と同額が支払われます。

サイコロの出目が「2」「3」「12」の場合は負けが確定。

残りの「4・5・6・8・9・10」が出た場合はもう一度サイコロを投げれます。

ここで重要なことは、1投目と2投目ではルールが変わります。

2投目以降で勝つためには1投目で出た同じ数字が出なければなりません。逆に7が出ると負けになってしまいます。

この1投目に出た数字のことを『ポイント』と呼びます。

例えばポイント(1投目の出目)が「6」の場合、マーカー(目印)が置かれ、サイコロを投げて勝敗を決める2投目に進みます。

2投目以降は「6」が出た場合は君の勝利、もし「7」ならばプレイヤーの負け、それ以外の数字なら「6」か「7」が出るまで、サイコロを振り続けます。

 

勝ちの判定
負けの判定
1投目の出目の合計が「7」「11」

または1投目の合計が「4~10」の場合、再投して1投目に出た数字を「7」が出る前に数字が出た場合勝ち

1投目の出目の合計が「2」「3」「12」

または1投目の合計が「4~10」の場合、再投して1投目に出た数字の前に「7」が出てしまった場合負け

 

7という数字がポイントです。

1投目のカムアウトロール(come out roll)の場合では「7」が出たら勝ちなのに対して、2投目以降は「7」が出たら負けとなってしまいます。

勝ちか負けどちらにせよ決着がついたらシリーズが終了となり、新たなプレーヤーにシューター役が回されます。

クラップスの出目の確率

2つのサイコロで作られた出目の組み合わせと確率がどれくらいで出現するのかの割合を把握しておきましょう。

 

 

1投目(カムアウトロール)の確率

ナチュラル(7 or 11)が出る確率は二つ合わせると約22%ほどになります。

「2・3・11」が出現する確率は、約11%です。

つまり、1投目(カムアウトロール)についてはパスする(勝つ)確率が高いことが分かるので、クラップスは勝つ確率が高いカジノゲームと言われる理由でもあります。

2投目以降の確率

しかし、2投目以降については「7」を出してしまうと負けとなります。

表を見てみると「7」が出る確率が最も高いことが分かります。

そのため、2投目のポイントの数字が何であろうと、2投目以降になると負ける確率が高くなるのでクラップスでは1投目に注目が集まります。

クラップスの他の賭け方

クラップスではメインの「パスライン(PASS LINE)」以外にも様々な賭け方があります。

 

■COME(カム)
パスラインは1投目を投げる前に賭けるのに対し、2投目以降に賭ける方法です。COMEのルールは、賭けた時点で次に投げられる「サイコロの目を1投目として数える」ということになります。

それ以外のルールはPass Lineと同じです。

 

■Don’t Pass Bar(ドントパス)
『ドント・パス (don't pass)』とは、名前のDon’tという名前が付くとおり、パスラインとは全く逆のベットです。サイコロの出目に反して賭けるという、多くのプレーヤーから好ましくない賭け方であると考えられています。

そもそもクラップスはみんなで一致団結してカジノ側に勝負を挑むというものですから、一人だけ足並みを揃えていないということになります。プレーヤーがドント・パスに賭けると、カムアウトロール(1投目)で「2・3・12」が出たら勝ちとなります。

ベット額の2倍の額が支払われます。またカムアウトロール以降(2投目以降)で「7」が出る前にポイント(1投目と同じ出目)が出れば負けとなり、「7」が出れば勝利となります。

 

■Don’t Come(ドントカム)
こちらはCOMEと反対の賭け方です。

原理原則はDon’t Passと変わらず、配当のつく条件がCOMEと反対、12の場合は引き分けになるというルールなので分かりやすいかと思います。

やっていることはDon’t Passと変わらないので、同様にあまり好ましくない賭け方でもあります。

 

あえてヒール役みたいなポジションで場を盛り上げる上で演出として賭けるのであればいいかもしれませんが、あまりやり過ぎると海外では露骨に嫌な顔をされるので注意してください。

また、これ以外にもいくつか賭け方が存在しますが、あまり確率的に高くありません。

まとめ

クラップスは日本では全くと言っていいほど馴染みがないと言えるでしょう。

また、クラップスのレイアウトを見てもなんだか複雑そうと思ってしまいがちです。

しかし、基本の「パスライン(PASS LINE)」の賭け方さえ覚えておけば基本的にクラップスをプレイすることが出来ます。

出目の確率票を見ても「7」「12」を出せば勝てるということで、勝ちやすいゲームでもあります。

馴染みがないかもしれませんが、ルールを理解してプレイすればみんなで一緒にワイワイ盛り上がれるのでカジノ場でも非常に人気があります。

基本のルールや流れについては実際にオンラインカジノでプレイして体験してみてランドカジノで遊んでみるというやり方も出来るので、まずはプレイしてみましょう。

おすすめの記事