ドラゴンタイガーのルールや進め方

オンラインカジノのライブカジノでも勝負できるところが増えてきた「ドラゴンタイガー」はカンボジア発祥のゲームで、アジア圏で人気のあるカードゲームです。

しかし、日本ではほぼ知られていないカードゲームですので、名前は知っているけど利用したことがないという人も多いでしょう。

ドラゴンタイガーは今までルールを全く知らない人でもすぐに利用することが出来るほどシンプルで簡単なゲームですので紹介していきます。

ドラゴンタイガーの特徴

ドラゴンタイガーとは、数あるトランプゲームの中で最も簡単なゲームとも言われていたり、バカラの簡易版と言われています。

まず仮想の2人、ドラゴン(龍)とタイガー(虎)に分けて、1枚ずつカードを引きどちらの数が勝つかを予想して当てるゲームです。

バカラのように2枚、3枚とカードを引かずに1枚のみでどちらが強いかを予想するだけです。

どちらのカードが強いかを当てるだけのシンプルゲームだからこそすぐに始めることが出来ます。

ドラゴンタイガーのルール

ドラゴンタイガーではジョーカーを除くトランプのカード8組(52枚×8=416枚)を使って行われるギャンブルです。

ドラゴンタイガーのカードの数字の数え方は

【K】が最も強く【A】が一番弱いです。
※【A】が一番強いと勘違いしないように注意が必要です。

ドラゴン(龍)側に1枚、タイガー(虎)に1枚ずつ配られ、そしてどちらの数字が大きいかを当てるシンプルなゲームです。

特にディーラーがすべて進行します。ほかのプレイヤーと勝負をするというものでもありませんし、カードを追加することもありません。

1枚限りの1発勝負で、ドラゴンとタイガーのどちらか、もしくはタイ(引き分け)にベットをするのが基本ルールです。

ただし、ドラゴンとタイガーのどちらが勝つ、もしくは引き分けになるかを予想する以外にも賭け方があります。

ドラゴンタイガー・ルール ビック・スモール

ドラゴンタイガーの「ビック・スモール」という賭け方ができる所もあります。

「1、2、3、4、5、6」までをスモール。

「8、9、10、J、Q、K」をビック。

として分けます。

ドラゴンとタイガーのどちらが、スモールかビックになるかを当てます。

配当は2倍。

引き分けに賭けた場合は配当は9倍。

ドラゴンタイガー・ルール スーツ(マーク)

カードのマーク(♣♠♦♥)を当てる賭け方。

配当は4倍です。

基本はどちらが当たるのかを予想するだけのシンプルなゲームですが、ほかの賭け方ができることも覚えておきましょう。

 

ゲームの進め方

最初にドラゴンかタイガーのどちらが当てるかを予想してチップを置きます。

他にはビッグとスモールのどちらが勝つかを予想するものやマーク(♣♠♦♥)を当てるものもあります。

ディーラーが『ノーモアベット』と宣言をしたらそれ以上チップを置くことはできません。

もし置いても無効、もしくはそのまま没収されてしまいます。

まとめ

ドラゴンタイガーはルールを全く知らない人からしてみれば、名前から難しそうと思ってしまうかもしれませんが、実はとても簡単なゲームです。

バカラの簡易版であり、よりシンプルかつ、スピーディにプレイできるようになりました。

オンラインカジノでもライブカジノでプレイできるようになってきており、徐々に人気が高まっています。

特にアジア圏のリゾートカジノでは台が置かれていることも多く、覚えておきたいカジノゲームでもあります。

難しいルールは一切ないので今すぐ始めてみましょう。

おすすめの記事