ファンタン(番攤)のルールや進め方

 

ファンタン(番攤)は中国発祥のカジノゲームであり、ほとんど日本では知られていないですが、中国では麻雀よりもずっと古くから中国で親しまれているゲームです。

ファンタンのトランプ版とも言える「スーパーファンタン」というのもありますが、トランプに応用したもので基本的なルールは同じです。

スーパーファンタンについて知りたい方はこちらを参照してください。

 

ファンタンは古くは碁石やコインや白いボタンなどを金属製のお椀で掬い取り、お椀の中にいくつ入っているかを予想するという至ってシンプルなゲームが始まりでもあります。

マカオでも人気のカジノゲームですので是非とも覚えておきましょう。

ファンタン(番攤)のルールや進め方について説明します。

ファンタン(番攤)の特徴

ファンタン(番攤)は、金属製のお椀を山積みした碁石やコインなどの上にかぶせてすくい上げ、「4つずつグループ分けをしていき最後にいくつ残るか」を当てるゲームです。

最後に残っているものは4つずづ分けているため、残りは1~4個のどれかしかありません。

非常に簡単ルールでシンプルなゲームでもあるためマカオのカジノでも特に中国人などに人気があります。

レイアウトから複雑なゲームと考えてしまいがちですが、非常にシンプルなゲームですのでカジノ初心者でもプレイできます。

ファンタン(番攤)のルール

ファンタンはお椀の中にある碁石やコインなどの余りを予想するゲームです。

ファンタンではお椀の中の碁石の枚数が「8」や「12」などの4の倍数はだった場合、余りがゼロとカウントするのではなくて「4」と考えるので余りがないと思ったら「4」にチップを置けばいいのです。

 

カジノによって表記に違いがありますが、テーブル上やオンラインカジノの画面に下記の様なレイアウトが置かれています。

 

 

なんだか難しそうと思うかもしれませんが、基本的には最後に残っている余りがいくつかを当てるゲームですので難しく考えなくても大丈夫です。

ファンタンでは様々な賭け方があり、配当が違ってきます。

ファンタン(番攤)の賭け方

基本的なファンタン(番攤)の賭け方について説明していきます。

三門(サムホン)

碁石を「4」で割った余りの数が「1・2・3・4」のうち、3つの数字のどれかが当たっていれば勝ちという賭け方です。

「1・2・3」「1・2・4」「1・3・4」「2・3・4」の4通りで配当は1.3倍です。

Y攤(ヤータン)

 

碁石を「4」で割った余りの数が「1・2・3・4」のうち、2つの数字のどれかが当たっていれば勝ちという賭け方です。

全部で12通りあり、いづれにも該当しなかった場合は「引き分け」という扱いになります。

配当はいずれも1.5倍です。

角(コック)

 

レイアウトの配置から角とも言われていますが、碁石を「4」で割った余りの数が「1・2・3・4」のうち、2つの数字のどれかが当たっていれば勝ちという賭け方です。

「1・2」「1・3」「1・4」「2・3」「2・4」「1・3」の6通りがあり、配当は3倍です。

念(二ム)

 

表示されている「NIM」の左の数字を「x」右の数字を「y」としてxの数字が当たれば勝ち、yの数字が当たると負け、それ以外の数字が当たれば引き分けという賭け方です。

12通りの選択肢があり、配当は3倍です。

番(ファン)

 

お椀の中の余りを純粋に予想する賭け方で「1」「2」「3」「4」の4通りです。

配当は4倍です。

ゲームの進め方

まず最初に席についたらテーブルの上に100個以上の碁石が一か所にまとめられ、積まれています。

ディーラーは手に持った金属製のお椀を碁石の上に覆い、お椀を伏せたまま手間に引きます。

ディーラーがお椀で碁石を掬い終えた状態になって初めてプレイヤーがベットをします。

ある程度プレイヤーがベットし終えたら「NO MORE BET(ノーモアベット)」とコールします。

これ以降はベット出来ず、締め切りとなります。

ディーラーが中の碁石を4つずつテーブルの上に並べていき、すべての碁石を並び終えたら余りがいくつあるかが分かります。

当たっていれば配当が貰え間違えたら没収となります。

まとめ

ファンタン(番攤)はまず日本では聞かないカジノゲームであり、中国を発祥とするカジノゲームです。

聞きなれないカジノゲームであるため、遊ぶのを躊躇する人もいるかもしれませんが、碁石を並べて4で割っていき最終的に余りがいくつかを予想するという非常にシンプルなゲームです。

複数の賭け方があり、レイアウトが複雑に見えるかもしれませんが、賭け方さえ覚えてしまえばそこまで難しくはありません。

どのグループに賭けるなどはルーレットに近しいものがあるかもしれません。

マカオなどでのアジア圏で人気があるカジノゲームでもあるので興味がある人は是非ともプレイしてみましょう。

おすすめの記事