パイゴウポーカーのルールや進め方

パイゴウポーカーは日本ではあまり知られていないカジノゲームです。

古くは中国の「パイゴウ」というドミノに似たような形をしているカードを用いて行うゲームだったのですが、トランプに応用されたものがパイゴウポーカーです。

基本的なルールはポーカーですが、他にはない独特のゲームシステムとして知る人ぞ知る人気トランプゲームとなっているので是非ともルールを理解してオンラインカジノなどで遊んでみて下さい。

パイゴウポーカーのルールや進め方について説明します。

パイゴウポーカーの特徴

パイゴウポーカーは、ディーラーとプレイヤーの1対1の勝負となります。

また、通常のポーカーと違うのは、それぞれに7枚も手札が配られることです。

それから、ポーカーでも珍しい『ジョーカーも使用するポーカー』であることも特徴としてあります。

そのため通常のポーカーで最も強い「ロイヤルストレートフラッシュ」よりも強い手役(ハンド)として4枚のカードとジョーカーというファイブエースという役があります。

また、ハイハンドとローハンドの2つの勝負の場があるというのも他にはないゲームシステムでもあります。

パイゴウポーカーのルール

パイゴウポーカーはプレイヤー、ディーラーともに7枚のカードが配られます。

この7枚のカードを2つの手に分けて、それぞれ勝負します。

    • 5枚のカードをハイハンド(ファーストハイハンド)。
    • 残りの2枚のカードをローハンド(セカンドハイハンド)。

と分けて戦います。

ハイハンドの場合、ポーカーの手役(ハンド)を揃えて強いほうが勝ちます。

ローハンドでは最も強いのがワンペアであり、その他はカードの合計の値の強さが優劣を決めます。

ローハンドの場合、例え「A」と「K」を揃えていても「2」のワンペアのほうが強いです。

「A」が一番強く「K・Q・J・10」の順に弱くなります。

 

 

ジョーカーを加えた53枚のカードです。(Aが一番強く、KQJの順に弱くなっていき、2が一番弱い)

そして、ポイントとして両方で相手のハンドを上回らなければ勝利とならないという点です。

また、基本的にハイハンドでは役を揃えておく必要がありローハンドはハイハンドよりも強くしてはいけないというルールがあります。

パイゴウポーカーの配当として

  • 勝ち⇒両方のハンドで、ディーラーを上回れれば、配当1.95倍が支払われます。
  • 引き分け⇒片方だけ勝って片方負ければ、賭け金は返金(プッシュ)されます。

 

パイゴウカードでは引き分けの場合賭け金が返金されるというのがポイントで、勝負が難しいと思ったら引き分け狙いにすることも計算することが出来ます。

 

パイゴウポーカーの役(ハンド)

パイゴウポーカーの手札の役について説明します。

手札の強さは上から順となっていて揃えるのが難しくなっています。

 

【ファイブ・オブ・ア・カインド(Aのみ)】・・・同じ4枚のカードとジョーカーを加えた最強のハンド。

【ロイヤルストレートフラッシュ】・・・同じマークの「A、K、Q、J、10」の揃える。

【ストレートフラッシュ】・・・同じマークでかつ連続した数字の5枚カード。
例:クローバーの「1・2・3・4・5」を揃える

【フォーオブアカインド(日本ではフォーカード)】・・・4枚が同じ数字を揃える。
例:「4」を四つ揃える

【フラッシュ】・・・数字の並びを気にせずに同じ柄のカードを5枚揃える。
例:ダイヤの「1・2・6・9・Q」

【ストレート】・・・連続した5枚の数字を揃える。
例:「3・4・5・6・7」

【フルハウス】・・・同じ数字3枚とワンペアの組み合わせを揃える。
例:「J・J・J」と「3・3」

【スリーオブアカインド(日本ではスリーカード)】・・・3枚が同じ数字を揃える。
例:「2・2・2」

【ツーペア】・・・同じ数字のペアが2つある組み合わせを揃える。
例:「5・5」と「7・7」

【ワンペア】・・・同じ数字のペアが1つ揃える。
例:「6・6」

【ハイカード(日本ではブタ)】・・・何も役が出来ていない状態ですが、カードの強さで勝負が付きます。

※他には7枚でのストレートフラッシュなどの役で高配当を出す変則ルールも存在します。

ジョーカーの扱い方

パイゴウポーカーが他のポーカーと大きく異なる点として、ジョーカーの扱い方です。

パイゴウポーカーの場合、ジョーカーも使い、どの数字としても扱えるオールマイティカードになります。

そのためジョーカーが来たら最低でもワンペアが確定となりますし、フラッシュやストレートの数字の代用として利用できるのです。

例えば「5・7・8・9」と数字が揃っている場合、ジョーカーがあればジョーカーを「6」として扱いストレートとして役を揃えることが出来ます。

他にも最も強いカードである「A」としても使えるのでまさに万能カードであり、ジョーカーを引いたら大きく勝つ可能性があると言えます。

ゲームの進め方

チップを置きディールボタンをクリックすると、7枚のカードが配られます。

7枚のカードを配られるので確認をしましょう。この時にディーラーのカードは見ることが出来ません。

まずは、ハイハンドとなる5枚を見極め選びます。

基本的にハイハンドでは役を揃えておく必要がありローハンドはハイハンドよりも強くしてはいけないというルールがあります。

ハイハンドとローハンドに分けたらディーラーとの勝負になります。

 

 

今回の勝負ではハイハンドでお互いにワンペア同士ですが、プレイヤー側が「10」でディーラー側が「3」のワンペアであるためプレイヤーが勝ち、ローハンドでも「8」のワンペアであるため、両方で勝ったのでプレイヤーの勝ちとなります。

最初は慣れるまで時間がかかるかもしれませんが、ゲームシステムを理解し、とりあえずハイとローのどちらでも勝たなくてはいけないというのがあります。

慣れてくると配られたカードの中からいかに手役(ハンド)の強さを計算してどう勝負をするのかという戦略性がとても楽しくなります。

まとめ

ポーカーは日本でも非常に人気があり、一度はプレイしたことがあると思います。

ポーカーは沢山の種類があり、特に特殊なのがパイゴウポーカーと言えるでしょう。

7枚の配られたカードの中から2つの場所で勝たなくてはいけないというルールですが、引き分けにすることでベットが返却されるということで様々な選択肢があります。

最初は戸惑うかもしれませんが、遊べば遊ぶほどその楽しさを味わうことが出来るのでぜひともオンラインカジノで遊んでみましょう。

おすすめの記事