テキサスホールデムポーカーのルールや進め方

ポーカー自体は日本でも高い知名度を誇りますが、日本では主にドローポーカーが主流です。

しかし、世界ではテキサスホールデムポーカーと呼ばれるゲームが主流であり、基本的や役の強さ(ハンド)は同じですが、ゲームの進め方が違いますのでテキサスホールデムポーカーのルールや進め方について紹介していきます。

テキサスホールデムポーカーの特徴

テキサスホールデムポーカーの特徴はプレイヤー同士の対戦が面白いという点です。

世界大会なども開かれていて、お互いに手の内を読ませない状況の中でプレイヤー同士が表情を崩さずに戦いあう手札の強さはもちろんのこと、駆け引きが非常に重要になってくるゲームでもあります。

「ポーカーフェイス」の語源もこのポーカーから由来しています。

オンラインカジノでもプレイヤー同士の戦いが楽しいのでぜひとも最初はルールやゲームの進行など他のカジノゲームよりも覚えることは多いかもしれませんが、それ以上に楽しいゲームですので是非ともルールやゲームの流れを把握して遊んでみましょう。

テキサスホールデムポーカーのルール

テキサスホールデムポーカーは今までポーカー自体利用したことがないという人だと最初に覚えることは多いです。

また、日本で主流のドローポーカーは利用したことがあるという人でも覚えなくてはいけない用語やゲームの進め方が違ったりしますのである程度覚えておくようにしましょう。

テキサスホールデムポーカーの用語

テキサスホールデムポーカーの用語について紹介します。覚えることは多いですが、スムーズにゲームを進めるに必要な要素ですのでぜひとも覚えておきましょう。

 

【ベット】・・・場にチップを賭けること。チップ額も同時に他のプレイヤーに伝える。

【コール】・・・場に賭けられている金額に合わせて同額のチップをベットすること。

【チェック】・・・賭け金を賭けず次のプレイヤーに回すこと。

【フォールド】・・・ゲームを降りることで、この時点で負け確定となり、それまでの賭け金は失われる。

【レイズ】・・・賭けられている金額にさらにチップを上乗せすること。チップ額も同時に他のプレイヤーに伝える。

【リレイズ】・・・他のプレイヤーがレイズを行った場合、レイズ金額よりもさらに上乗せすること。チップ額も同時に他のプレイヤーに伝える。

【オールイン】・・・手元のすべてのチップを賭けること。

【ミニマムベット】・・・ゲームを開始するために必要な最低限のチップ額。プレイするテーブルにより最低チップ額が変わる。

【ミニマムレイズ】・・・レイズする際の最低の額。

 

最初は見ながらでもいいのでプレイしながら覚えましょう。

テキサスホールデムポーカーの役(ハンド)

テキサスホールデムポーカーの手札の役について説明します。

手札の強さは上から順となっていて揃えるのが難しくなっています。

 

【ロイヤルストレートフラッシュ】・・・同じマークの「A、K、Q、J、10」の揃った最強ハンド

【ストレートフラッシュ】・・・同じマークでなおかつ連続した数字の5枚カード。例:クローバーの「1・2・3・4・5」を揃える

【フォーオブアカインド(日本ではフォーカード)】・・・4枚が同じ数字を揃える。例:「4」を四つ揃える

【フラッシュ】・・・数字の並びを気にせずに同じ柄のカードを5枚揃える。例:ダイヤの「1・2・6・9・Q」

【ストレート】・・・連続した5枚の数字を揃える。例:「3・4・5・6・7」

【フルハウス】・・・同じ数字3枚とワンペアの組み合わせを揃える。例:「J・J・J」と「3・3」

【スリーオブアカインド(日本ではスリーカード)】・・・3枚が同じ数字を揃える。例:「2・2・2」

【ツーペア】・・・同じ数字のペアが2つある組み合わせを揃える。例:「5・5」と「7・7」

【ワンペア】・・・同じ数字のペアが1つ揃える。例:「6・6」

【ハイカード(日本ではブタ)】・・・何も役が出来ていない状態

 

手札の強さというのは必ず把握しておかなくてはいけません。最初は見ながらで良いのでぜひとも覚えてからプレイするようにしましょう。

ゲームの進め方

テキサスホールデムポーカーの進め方について説明します。

合計4回のラウンドに分かれており、そのたびにベットするかゲームを降りるかを選択していき、最終ラウンドに残った人同士で役の強さを競っていきます。

つまり、段階が上がるほど賭ける金額が上がっていくことになります。

 

・1回目のベッティング:第1ラウンド(プリフロップ)
手元に2枚のカードが配られた状態を第1ラウンドの「プリフロップ」といいます。手元の2枚のカードの時点で、チップを賭けて勝負を行うかゲームを降りるかの選択をします。基本的にこの時点とかでワンペアとかになっていたらかなり強いです。

 

・第2ラウンド(フロップ):2回目のベッティング
ディーラーは、山札の一番上のカードを1枚捨てます。これは慣例的なもので、不正防止のために毎回行われます。場に5枚のコミュニティカードのうち3枚のカードが表向きに並べられた状態を第2ラウンドの「フロップ」といいます。手元にある2枚のカードと場に並べられた3枚のカード、合計5枚のカードから、チップを賭けて勝負を行うかゲームを降りるかを選択します。

 

・第3ラウンド(ターン):3回目のベッティング
第3ラウンドのターンで、カードが一枚めくられ、場札に4枚目のカードが表向きに並べられ、手元にある2枚のカード、コミュニティカードのうち4枚の合計6枚のカードから、チップを賭けて勝負を行うかゲームを降りるかの選択をします。

 

・第4ラウンド(リバー):4回目のベッティング
第4ラウンドのリバーで、場にすべてのカードが表向きに並べられ、手元にある2枚のカードとコミュニティカード5枚、計7枚のカードの中から最も強いポーカーハンドを作ります。この時、勝負するかゲームを降りるかの最後の選択をします。

 

全てのラウンドを終えてこの時点で残ったプレイヤー同士で勝負をし、役が一番強いものが勝利となり場の賞金を受け取ることが出来ます。

カジノホールデム(対ディーラー)

テキサスホールデムポーカーはプレイヤー同士で勝負を行いますが、対ディーラーで勝負が出来るのがカジノホールデムです。

自分のカード2枚とテーブルの上に置かれている共有のカード5枚の合計7枚の中から5枚を選び手役で勝負をするというのは同じです。

ディーラーのカードは伏せられた状態となっているので自分の手役の出来で勝負をするかどうかを判断します。

勝負をする場合は「CALL(コール)」と書かれた場所にANTEの2倍の賭け金を置いて勝負をします。

勝負を降りる場合はANTEに賭けた金額は没収されます。

また、ディーラーは「4のワンペア」以上の手役がないと勝負が出来ませんのでその時点で「ハイカード」でもプレイヤーの勝負になります。

いきなりテキサスホールデムポーカーで勝負をするのはちょっと気が引けるという人は練習がてらカジノホールデムで勝負して慣れてからプレイヤー同士の戦いへと移行しても良いと思います。

まとめ

テキサスホールデムポーカーは最初に覚えることは他のカジノゲームと比べるとかなり多いです。

そのため、覚えるのが面倒と思ってプレイしない人もいるかもしれませんが、やはりその苦労以上に面白いと思えるゲームでもあります。

お互いの手の内を探る心理戦。いい役が手元に揃ったとしても決して表情には出さずにプレイし続けたりすることが大切です。

一度のゲームだけではなくて、何度もゲームをしていくことで相手の癖や行動などを読み取って勝負をしたりすることも出来ます。

オンラインカジノでは世界中のプレイヤーと戦うことも出来ます。

是非ともルールや用語、ゲームの進め方を覚えてプレイしてみましょう。

おすすめの記事